日焼けは厳禁

足脱毛を行う場合、紫外線対策をしっかり行う必要があります。

エステサロンで受けられる光脱毛や、美容皮膚科などの医療機関のみで行っているレーザー脱毛は、肌への負担が少ない脱毛方と言われています。
光脱毛やレーザー脱毛は、肌ではなく毛母細胞など体毛を作り出す、組織にだけダメージを与えます。
ですので、肌を傷めず毛根から無駄毛を処理する事が出来るのです。

しかし、やはり特殊な光やレーザーを皮膚に照射する事になるので、肌へのダメージはゼロではありません。

脱毛の施術を行った後の肌は刺激に敏感になっています。
いつもより敏感になっている所に、紫外線を浴びると肌トラブルを起こす原因となってしまうのです。
どのようなトラブルが起こるのかというと、痒みや赤みといった肌トラブルの他に、メラニン色素が作られシミや色素沈着も起こりやすくなります。

1度、このような肌トラブルが起こると、改善までに時間がかかってしまう為、足脱毛を行う時は日焼けに注意しましょう。
施術直後は特に紫外線のダメージを受けやすいので、スカートではなくパンツがお勧めです。

また日頃から紫外線から肌を守る為に、紫外線対策できるクリームなどを塗るケアを行いましょう。

Comments are closed.